デジタル教科書を紙と併用?あり得ないよね。

デジタル教科書、紙と併用か・全教科か…文科省が5案提示

全児童にパソコンを行き渡らせる事が決定しているが、今更に教科書の電子化を議論しているらしい。電子教科書と紙の教科書を併用させるつもりでいるようだ。結論を言おう。パソコンを持たせるなら、教科書を電子化する以外に選択肢など存在しない。

数年前から登校する児童の荷物の多さが国政の場でも問題視されている(国も動き出した「重すぎるランドセル問題」)。時には体重の50%を超え、中には健康被害を受けている児童までいるというのだから、何故ここまで放置してしまったのか憤りさえ覚える。

健康被害を受けずに習慣的に運ぶことの出来る荷物の量として体重の20%程度が限度と言われている。仮に体重の20%としたときに、小学校低学年女子だと4Kg強程度が限界となる。

・ランドセル 1200g
・水筒(1リットル) 1200g
・パソコン(含むACアダプタ) 1200g
・筆箱 200g
・鉛筆(5本) 25g
・ノート(5冊)750g
これだけでも合計4575g。あっという間に重量オーバーである。

教科書の重量は1冊200~300g。結構重たい。パソコンを持たせたら、教科書を持たせる余裕など、そもそも残らないのだ。

「デジタル教科書を紙と併用?あり得ないよね。」への1件のフィードバック

  1. 出版業界では10万冊売れればベストセラーという大成功らしいですからね。
    既得権益だと悪く言われますが、そこを生活基盤としている人も少なく無いでしょうから変えるとなると大変そうです。

ててて へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です