OneDriveをWebDAVでマウントする

OneDrive(旧SkyDrive)にて提供されているアプリケーションは、パソコン上のドライブに保管されているファイルと、SkyDrive上の指定したフォルダとが同一の状態になるように、ファイルをコピーするだけの物でしか無い。いわゆるミラーリングする機能でしかない。この方法ではOneDrive上の全てのデータをファイルをパソコン上のファイルと同じように扱えるようにしようとすると、OneDriveと同一のストレージ容量が必要になる。ストレージ容量が数十GB程度のうちは良いが、Office365を契約した場合は数TBとなり、あまり現実的ではない。

実はOneDrive上のファイルを、コンピューター上にインストールしたMicrosoft Officeから扱う場合、背後ではWebDAVにてアクセスしている。従ってWindowsのファイルシステムとして、OneDrive上のフォルダをWebDAVとしてマウントし、エクスプローラーや普通のアプリケーションからアクセスすることが出来る。

  1. Internet ExplorerからOneDriveに接続する。その後適当にWORDのファイルを作成する。
  2. Word Onlineのページが表示され、先ほど作成したWORDファイルが編集状態になっているはずです。ここでWord Onlineのメニューにある「WORDで開く」を選択します。
  3. コンピューターにインストールしてあるMS-Wordが起動して、先ほどOneDrive上で新規に作成したファイルが編集可能な状態になります。この操作によりOneDrive上にWevDAVでマウントするためのURLが作成されます。
  4. MS-Wordのメニューから「名前を付けて保存」を選択すると、保存先が「http://d.docs.live.net/[英数16文字]」となっている。このURLが貴方のOneDriveをWevDAVで操作するためのURLとなる。
  5. エクスプローラーのコンピューターから「ネットワークドライブの割り当て」を選択する。フォルダーに先のURL「http://d.docs.live.net/[英数16文字]」を指定して完了をクリックすれば良い。
  6. マウントしたドライブにアクセスを試みるとユーザーIDとパスワードを要求される。ここでOneDriveに接続するときに使っている、LiveIDのユーザーIDとパスワードを入力するとエクスプローラーからOneDriveにアクセス出来る。

もちろん、ドライブレターを与えているので、エクスプローラー以外の殆どのWindowsアプリケーションからもローカルのファイルと同様にアクセスすることが出来ます。

通信販売に関する法律

ネタがないので、IT系の法律の話とか。

まず、特定の法律に関係なく、一般的な話をしておく。良く法律だけ読んで分かった気になって話す人が居るが、これはやめた法がよい。法文には明記されてない行間があったり、用語の使い方が日常の文書と異なったり、別の法律と補完相克関係にあったり、行政判断に委ねてる部分があったりする。だから必ず行政の通達や、裁判の判例もあわせて見ないと、とんでもない誤解をする事になる。

 Ⅰ.売買契約

通信販売に関する法律には特定商取引法がある。もともとは訪問販売法として、いわゆる押し売りを規制するための法律としてあったのが、電話勧誘完売とか、通信販売とか、いくつかの特定の方法を用いた販売方法について規制する法律として焼き直されたものだ。

通信販売に関して法律で規定されていることは大きく3つになる。

 1.商品や売買契約に関する情報の表示だ。

通信販売では、商品表示(広告)の内容についての規定があり、価格(送料など取引において発生する金額すべて)、住所氏名(メールアドレスも含む)、支払方法、商品の瑕疵、返品などに関する特約事項、その他の販売条件などの表示が義務づけられる。また商品広告の内容は客観的な事実に基づくものでなくてはなりません。

 2.返品(契約解除)への応諾義務

通信販売での返品について、多い誤解にクーリングオフがある。実は通信販売にクーリングオフという制度はない。クーリングオフは売り手側からコンタクトをとる訪問販売や電話勧誘に対する規制で、買い手側からコンタクトを取る通信販売では、対象にならない。

では、通信販売は返品に応ずる必要が無いかというと、そうではない。返品に関する特約事項を買い手に伝えていない場合は、商品到着後8日以内なら無制限に返品に応じる義務が発生する。この時に消費者が負担しなければならない金額は、商品の返送にかかる送料のみとなる。
返品に関する契約を規定しないと、食品を既に全部食べ終わって、包装紙だけになっていても返品に応じる事になる。逆に返品出来ない事を明確にしていれば、返品に応じる必要は無い。
返品に近い事柄にとして、民法上の錯誤による無効がある。商品説明の重要事項や契約事項が分かりにくいところに書いてあったりした場合には、勘違いで購入したとして、契約を無効にする事が出来る。特定商取引法上の契約解除は、民法上の錯誤無効と異なり、契約を解除にしたことによって発生した損害について、賠償する必要がない点で異なる。

 3.わかりやすく表示する義務

購入の申し込みなのか、有償なのかということがわかりやすい表示を義務付けている。購入ページで規約のチェックボックスをつけたり、ボタンを購入としてるのは、錯誤が発生しないことをUIレベルで担保するために行われている。「ほしい人はここをクリック」などのボタンを押したとしても売買契約とは認められない。
過去に通信販売事業者で摘発を受けた業者の多くは広告表示の不備によるものです。商品の広告内容に虚偽があったため、多くの開運グッズの通信販売事業者が摘発を受けています。~大師のような架空の人物の紹介文を載せたりしていたことが原因です。
また、契約解除にあたって特約として明記していない賠償を請求したことにより、摘発を受けた事業者もあります。

Windows Vista以降のドライバのアンインストール

Windows Vista以降のOSではDriverStore(C:\Windows\System32\DriverStore)という特殊なフォルダにインストールしたドライバのコピーが保管されており、ハードウェアが接続したときにこのフォルダからドライバが検索されインストールされます。そのためdrivers(C:\Windows\System32\drivers)からファイルを削除したり、デバイスマネージャからドライバをアンインストールしただけでは、再起動時にドライバが再インストールされてしまいます。コンピューターに一度インストールしたドライバを完全に削除するには、pnputilコマンドを使ってDriverStoreからドライバを削除する必要があります。
まず最初に管理者権限でコマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行します。

pnputil -e

そうすると以下のように現在DriveStoreに登録されているドライバの一覧が表示されます。
画面に表示される一覧からアンインストールするドライバを特定したら、以下のようにコマンドを入力してドライバファイルを削除します。

pnputil -d oem3.inf

デバイスマネージャ上で使用されているドライバは削除できないので、事前にデバイスマネージャもしくはdevcon.exeを使用してドライバをアンインストールするのを忘れないでください。

コマンドラインからドライバをインストールする

コマンドラインからデバイスドライバのインストール/アンインストールを行うには二つの方法があります。ひとつはrundll32を呼び出してINFファイルのDefaultInstallセクションを実行する方法。もうひとつはマイクロソフトが無償で配布しているコマンドラインからデバイスマネージャ相当の事を行うツール(devcon)を使用する方法です。

rundll32を使用する

インストール:
rundll32.exe  syssetup,SetupInfObjectInstallAction DefaultInstall 128 sample.inf
アンインストール:
rundll32.exe  syssetup,SetupInfObjectInstallAction DefaultUninstall 128 sample.inf

rundll32.exeのコマンドラインパラメータに上記のように指定します。128という数字はインストール動作を指定するオプションです。インストール後に再起動したい場合には129などと指定します。

モード 意味
0 システムが用意した .inf ファイル。
128 .inf ファイルがあるディレクトリを指定。
+0 コンピュータを再起動しない。
+1 コンピュータを再起動する。
+2 ユーザに確認をとってから再起動する。
+3 必要があればユーザの同意を得ずに再起動する。
+4 必要があればユーザに確認をとってから再起動する。

残念ながら、この方法はすべてのドライバに使えるわけではありません。DefaultInstallセクションが記述されているINFファイルだけに使えます。DefaultInstallが記述されてない場合にはエラーになります。
アンインストールを行いたい場合には、同じようにDefaultUninstallセクションを呼び出します。

devconを使用したインストール

devconはMicrosoftが配布するコマンドラインツールです。こちらのURLからダウンロードできます。

インストール:
devcon.exe  install sample.inf
devcon.exe  update sample.inf
アンインストール:
devcon.exe  remove sample.inf 

デバイス名に”&”などが含まれる場合には、デバイス名をダブルクォーテーションで囲む必要があります。
レガシーデバイスの場合にはinstallコマンドで、PnPデバイスの場合にはデバイスを装着した状態でupdateコマンドを使用します。