日本は解雇規制が厳しいのか?

非 正規労働者の増加とか、雇用の流動性低下とか、終身雇用なんかの話しになると、必ず「日本は解雇規制が厳しいから~」的な発言が出てくる。本当に日本の解雇規制が厳しいのだろうか?

解雇規制の厳しさを表す国債指標がとして、EPL 指標(Employment Protection Legislation Indicator)と言うものがある。2019年の調査結果では、日本のEPL指標は2.08、OECD平均が2.27だから、日本は解雇規制のやや緩い国といえる。日本が比較対象とする事の多い、米国は1.31、英国は1.90、独国は2.33、韓国は2.35だ。

日本は既に解雇規制がやや緩い国であって、安易にさらに解雇規制を緩めるべきでは無い。

正規労働者を解雇できない理由

日本で正社員の解雇が難しい要因は、かなりの部分で日本的な労働契約が原因になっている。能力や成果、職責、職務を明確にせずに雇用契約を結んでいるため、これらを解雇理由として解雇したり、雇用条件を変更することが出来ない。まだ判例が少なく、実際の線引きは難しいものがあるが、現に日本国内においても外資系企業は解雇を実施している。(判例:フォード自動車事件

国内企業も非正規労働者の解雇(雇い止め)を実施している。非正規労働者と正規労働者の間に法律上の差があるわけでは無い。非正規労働者は職務、職責、勤務地、雇用期間などを明確にして雇用契約を結んでいるからこそ、雇用契約に沿って解雇を行えているに過ぎない。

非正規労働者が増えている原因

平成21年度 年次経済財政報告」を見ると解雇規制の厳しい国は非正規労働者の割合が高くなる傾向にある。では日本は解雇規制が厳しいから非正規労働者の割合が高いのかというとそうではない。日本は解雇規制が緩いわりに、突出して非正規労働者の多い国になっている。

要員の一つは非正規雇用と正規雇用を比較した場合に、非正規雇用者の方が極端に解雇しやすくなっている事にある。非正規社員の方が解雇しやすいのであれば、非正規社員の比率が増える方向に働く。非正規社員を減らしたいのであれば、このバランスを取るように政策を定める事が望ましい。必要なのは正社員を解雇しやすくする事では無い。

例えば正社員を整理解雇するときに、会社側が特定の誰かを指定する事は出来ない。非正規社員にも同じ規制を設けるなら、契約満了するときに、契約更新する対象と、雇い止めする対象を、会社側が選択してはならないはずだ。

ちなみにドイツも非正規労働者の解雇規制の弱い国だが、非正規労働者率は低く抑えられている。調べてみると正規労働者を100とした場合、フルタイム非正規労働者の賃金は91と、同一労働同一賃金がかなり守られている。ただフルタイムでは無い非正規労働者の賃金は55と日本並みに低い。(参照:有期雇用の日独比較

正規社員の賃金を100とした場合、日本では非正規社員の賃金が56.6とかなり低い。この事も非正規労働差を増やす原因となっていると考えられる。(参照:地方公共団体の短時間勤務の在り方に関する研究会 同一労働同一賃金について

楽天CASAのLTEインジケーターが橙点滅のままで動かない

楽天CASAのLTEインジケーターが橙(オレンジ)点滅や緑点滅を繰り返していて、緑点灯状態にならない場合があります。そんなときは楽天モバイルのCASAのサポートに電話してください。

楽天CASAのマニュアルやWEBには記載がありませんが、不正売買や登録住所以外での不正利用を防ぐために、LTE中継機としての動作を停止させる機能があります。ルーターなどネットワーク機器の交換、回線の変更などにより、最初に動作させたのとネットワーク環境が変化すると、別の場所に移動した可能性があるとしてロックしてしまうようです。

LTE中継機としての機能がロックされてしまうと、ユーザー側では解除できません。楽天CASAの電話サポートに連絡すると、5分程度でロックが解除されて、LTEインジケーターが緑点灯に切り替わります。

QNAP:他のNASから同期したフォルダに書込できない

HBS3 Hybrid Backup Syncの同期機能を使って既存のNAS(SMB)からQNAPにファイルをレプリケーションしておいてサーバーの移行を行い、いざ切替というところで共有フォルダ内にあるフォルダ以下に書き込むことが出来ないというトラブルが発生。共有フォルダのルートには書き込めるので、チェック時点では気がつかなかったのです。

Windows上からフォルダのプロパティを見るとAdministratorにのみ書込権限があり、Evryoneでは書き込めない状態になっています。

QNAP管理画面のFileStationからフォルダのプロパティを見ると所有者には書込権限はありますが、グループとパブリックには書込権限がありません。ここでグループとパブリックにも書込権限を付与すると、Windows上からファイルをコピーできるようになるので、これが原因のようです。

さて、困ったことにFileStationから複数のフォルダを選択して権限設定を書き換えることは出来ません。フォルダの数が多く、フォルダ毎に手作業で行うとなると、相応に時間がかかります。

ふと、QNAPのNASはsshで接続出来ることを思い出しました。コントロールパネルの「ネットワークサービスとファイルサービス」から「Telnet/SSH」を選択して「SSH接続を許可する」にチェックを付けます。

QNAPの共有フォルダは/share以下に作成されます。以下のコマンドを実行して全てのユーザーに書込権限を付与します。

chmod -R a+rw /share/Public

NASにSSHで入れると便利だね。

ちなみに環境は以下の通り。
QNAP TS-351
Firmware Version 4.4.1
HBS3 version 3.0.191202

SOHO用のNASに必要な要件

SOHO環境のNASをどうするか思案した結果、3ベイモデルのNASに行き着いたので、参考までにとりまとめておく。

SOHO向けNASの考察

SOHOにRAID5/6は不要

RAID5/6を構成できることを売り文句とする簡易NASが売られているが、安易にRAID5/6で構成してはいけません。RAID5/6の欠点も正しく知っている必要があります。

RAID5/6のHDDで物理障害が発生した場合には復旧は困難を極めます。例えばNAS本体が故障した場合、あるいは複数台のHDDが障害を起こした場合、これを普及するには同一型番のNAS本体なり、あるいはNASをマウントする専用のソフトウェアが必要になります。専用機材を持たない状態では手が出せないため、業者に委託せざる得なくなる可能性が高く、速やかな復旧は望めませんし、HDD4台程度のNASでも数十万の復旧費用がかかることになります。

RAID5/6のメリットはHDD1台では実現できない大容量を実現できる点、複数台のHDDに分散することで高速な読み書きを行える点にあります。ですが8TBのHDDでも、2TBのHDDでも容量単価は殆ど変わりません。大容量のメリットを得られるのは8TBを超えるパーティションが必要な時だけです。容量が8TB以下ならRAID1で十分です。高速化が必要ならRAID5/6よりもRAID10のほうが優れていますし、SSDをキャッシュとして使用するのも効果的です。

つまるところRAID5/6が必要なのは、RAID0/1/10では賄えないような、16TBを超える大きなパーティションが必要な場合に限られると言うことです。

SOHOならRAID1が理想

復旧作業を考えるならばRAID1が理想的です。よほど特殊なファイルシステムを採用していない限り、既存のPCでマウントするだけで直前に保存されたファイルも含めて復元することが出来ます。

高速性が必要ならSSDキャッシュを

高速性が必要ならSSDのキャッシュを設けた方が実効性が高いです。 RAID5/6/10でHDDの台数を増やすよりも 高い実効性を期待できる上に、先に述べたように復旧作業を考えるなら RAID5/6/10 は避けたいところです。

バックアップ機能も必要

RAIDにしているからと言ってバックアップが不要になるわけではありません。誤った操作によりファイルを上書きした場合など、バックアップがなければ対処できません。したがってバックアップ用のドライブも必要です。

出来れば世代別バックアップを行えるように、共有用パーティションの2倍程度の容量が必要です。

SOHO向けNASの まとめ

以上の条件を踏まえると、共有ストレージとしてRAID1を構築するためにHDDを2ドライブ、バックアップ先とするためにHDDを1ドライブ、合わせて3ドライブ以上のNASが必要ということになります。これに加えて、高速性も求めるならSSDをキャッシュとして利用できるもの必要です。

この条件を満たすNASを探していた時にたどり着いたのがQNAPの QNAP TS-332X/351/328のシリーズ。 他社だと2ドライブより上位のモデルは4ドライブになってしまい、少々オーバースペックとなってしまいます。ですが、QNAPのこのシリーズは 3.5インチのHDDを3台まで搭載できるというよく考えられた製品です。 TS-332X/351 ならSSDキャッシュを設けられるので速度面でも十分です。

ちなみにQNAPは中々尖った製品が多くて面白いです。比較的に安価なNASにも10GbE SFP+ポートを設けていたり、GPGPUやLGPAによる演算をサポートしていたり、仮想OSのホストになれたり、もはやNASの皮をかぶったサーバーですね。QSW-804-4Cなんかも10Gb HUBとしては最安値なんじゃないかな。

必要なサーバースペックを求める良い方法・・・

月間PV数とか接続クライアント数などの大雑把な指標から、必要なサーバースペックを求めたいと言う質問は昔からよく見かけます。答えは単純「そんな便利な方法はない。」の一言に尽きます。

必要なサーバスペックを求めるには実測にまさる方法はありません。サーバ行われる一連の処理を想定して適当なモックアップを作り、実際にアクセスして計測すれば良いのです。

なにも想定している最大の負荷を実際にかけて見る必要などは無く、数百回/minとかの適当な回数の処理を行い、CPUやネットワーク、ディスク、メモリの負荷量を計測すれば十分です。CPU使用率(%)、メモリの使用量(MB)、ディスクの読書量(MB/s、IOPS)、ネットワークのトラフィック量(MB/s)等の数値を得ます。

殆どの場合は処理回数が増えると、負荷量も線形に増加します。実運用において数万回/minの処理が行われる思っているなら、単純に数百回/minで計測した数値の100倍の負荷量に耐えられるハードウェアを選定すれば良いわけです。

ハードウェアの理論限界に対しての負荷量、負荷率が低い場合には、負荷量が上昇しても応答速度は殆ど低下しません。負荷率が一定レベルを超えると指数級数的に応答速度が低下します。これは必要なハードウェアリソースを使いたいその瞬間に、他の処理で使われていて使えない、コリジョンが発生する為です。これを踏まえて、CPUやメモリなら80%、ストレージやネットワークなら30%程度の負荷率を超えないように設定していれば、応答速度の低下を許容範囲におさめられるでしょう。

もちろん一度測定してしまえば、処理内容が同じなら流用する事もできます。即座に答えられるエンジニアは過去に似たような条件で実運用したデータを持っているか、あるいは計測した経験があるだけです。

特に実行環境がクラウドの場合には容易に試すことが出来るのですから、机上であれこれ考えるよりも、さっさと試した方が早いですよ。