周波数ごとの特徴 その3(長波/1.2Hhz/マイクロ波)

・140Khz
2009年から新たにアマチュア無線で使用することが認められた周波数帯です。地表波を使って交信をおこないますので、十分な出力があれば数百Kmの範囲で交信可能です。
歴史が浅いので市販の機器はほとんどありません。日本では長波帯を音声放送には長く使ってきませんでした。そのため商用目的でも、国内での利用実績もほとんどありません。国内では航空機や船舶の測位システムに使われている周波数帯です。
一般に周波数が高くなるほど機器を作成するのが難しくなります。無線機を自作したい人にとっての登竜門に良い周波数と思います。
・1.2GHz
周波数帯としてはUHFに分類されています。最近になって1.2Ghzに対応した無線機が安価に提供されるようになったため、注目を受けている周波数帯です。見通し距離で交信をおこなう事が出来ます。わずかでも障害物が存在すると反射/減衰してしまうために伝搬しません。
小型のアンテナでも十分な利得を得られます。リピータを用いれば交信距離を延ばすこともできます。
・2.4Ghz/5.6GHz/10.1Ghz
見通し距離で交信をおこなう事が出来ます。わずかでも障害物が存在すると反射/減衰してしまうために伝搬しません。市販の機器もないため、一部で実験的に交信している以外には殆ど使われていない周波数帯です。

周波数ごとの特徴 その2(HF/50Mhz)

・3.5Mhz/3.8Mhz帯
国内外の遠距離交信に良くつかわれる周波数帯です。電離層反射の効率が7Mhzよりも劣り、また空電ノイズも多いため、四級アマチュア無線で運用可能な10Wでは十分に交信できないようです。
アンテナは比較的小さなグランドプレーンでも5m~7m程度になるために場所を選びます。磁界型ループアンテナや、EHアンテナといった小型のアンテナも出てきたため敷居は下がりつつあります。
・7Mhz帯/21Mhz帯
国内外の遠距離交信に良くつかわれる周波数帯です。電離反射を利用しやすく、終日長距離での安定した通信を期待する事ができます。
アンテナは比較的小さなグランドプレーンでも5m~7m程度になるために場所を選びます。磁界型ループアンテナや、EHアンテナといった小型のアンテナも出てきたため敷居は下がりつつあります。
・28Mhz帯/50Mhz帯
通常は100Km程度の見通し距離のは良いで交信をおこなえます。太陽活動が活発な時期や、スポラディックE層が発生した時には国内外との遠距離交信をおこなえます。とくに50Mhz帯はラジオバンドなど、様々な気象条件の影響で異常伝搬をおこしやすいです。
アンテナはグランドプレーンで3m~6m程度になり、アンテナ設置の敷居が低いです。またハンディ機やモービル機でも対応機種があります。
比較的に低い初期投資で遠距離通信を見込める事から、初級者が始めるには都合のよい周波数帯と思います。

開局目指して資材調達中・・・

まだ従免も届いていないけど、開局目指して機器を収集中。
全部ヤフオクで中古や処分品を調達。
ハンディ機:IC-S7Dss ¥15,000也
144Mhz/430Mhz帯に使用。出力は6W。
数回しか使っていなかったという代物。外観などほぼ新品。
固定機:TS-680V ¥20,000也
HF~50Mhz帯、当面はアンテナの関係で50Mhzだけの運用になる予定。出力は10W。
完動品・・・のはず。写真を見ている限りは綺麗。まだ手元に届いていないけど・・・
アンテナ:GHX-510 ¥10,000也
50MHz/144MHz/430MHzマルチバンドグランドプレーン。新品♪
屋根馬にのってるVHFアンテナの所にくっつける予定。
地上高は10mくらいかな?
電源:ALINCO EPA-45 ¥1,000也
電源容量が間に合うかちょっと不安ではあるけど、TS-680Vの定格が4.5Aなんでギリギリ間に合うはず。
とりあえず、こんな構成でスタートをきろうと思う。
ケーブルやら、コネクタやら、ハンドマイクやら、細かいものも後日調達しなくちゃね。

周波数ごとの特徴 その1(VHF/UHF)

・144Mhz
基本的に見通せる距離内で交信可能です。アンテナの設置状況にもよるけれど半径20Km程度が限界。山腹など条件の良い場所なら100Kmでも交信可能です。
とても静かで、都市部で無い限り交信局はほとんどありません。
・430Mhz
基本的に見通せる距離内で交信可能です。アンテナの設置状況にもよるけれど半径20Km程度が限界。山腹など条件の良い場所なら100Kmでも交信可能です。ここまでは144Mhzと同じです。
430Mhz帯にはレピータが配置されており、ハンディ機の標準アンテナでもレピータを経由することで20~40Km程度の範囲で交信が可能になります。筑波山レピータ(標高870m)とか、赤城山レピータ(標高1820m)といった、非常に高い場所に設置された広域レピータを経由した場合100Km以上離れた局との交信も可能になります。
トラック運転手など、レピータを経由した移動局による交信が活発に行われています。
WIRES-II
レピータ間をインターネットを経由してつなげることで、広域通信を可能にしたシステムです。有志が設置したWIRESレピータ局からインターネットを経由して、遠隔地にある別のレピータ局へと中継する事ができます。
WIRES-IIのレピータ利用するには、DTMF信号を発信できる50Mhz/144Mhz/430Mhz/1200Mhz帯の無線機と、WEB上でWIRESレピータ局を探すためにインターネットに接続できる環境が必要です。
D-STAR
デジタル変調無線を使用し、レピータ間をインターネットを経由してつなげることで、広域通信を可能にしたシステムです。有志が設置したD-STARリピータ局からインターネットを経由して、遠隔地にある別のリピータ局へと中継する事ができます。D-STAR局同士でデジタル無線を使って接続したり、通常のレピータ経由の通信と同じようにインターネットを経由せずに接続する事もできます。
D-STARを利用するにはD-STAR対応の無線機を購入したうえで、D-STARのユーザ登録を行う必要があります。現状ではICOMからしか発売されていません。
エコーリンク
無線局同士をインターネットを経由してつなげることで、広域通信を可能にしたシステムです。パソコンからインターネットを経由して、遠隔地にあるリンク局から電波を発信する事ができます。リンク局や無線機を使わずにパソコン同士で交信をしたり、無線→リンク局→インターネット→リンク局→無線といった交信も可能です。
エコーリンクを利用するにはパソコンが必要です。エコーリンクソフトウェアをインストールすることで利用できます。パソコンと一般的な無線機だけでリンク局を設置する事ができるので、リンク局開設の敷居も低いです。

ハンディ機が届いたので電源を入れてみた

今日、Yahooオークションで落札した144Mhz/430Mhzハンディ機 IC-S7Dssが届きました。広帯域受信やデュアルバンドの同時受信機能はありませんが、その代りに送信出力6Wで、価格も控えめです。これでコミケで移動運用する無線機はとりあえず確保できました。
局免はおろか従免すらまだ届いていないので電波を出すわけにはいきませんが、さっそく144Mhz帯や430Mhz帯を聞いてみました。無線機屋さんに話をしにいったとき「私もね、アンテナが落雷で壊れてからここ一年、まともにやってないんですよ。まともなアマチュア無線局が本当になくなってしまって(中略・・・愚痴とかだし)まずはやってみて、それから考えたら良いですよ。クラブに入れば無線機を借りることもできるでしょうしね・・・」とアドバイスされていたんですよね。(アドバイスと言えるのかは兎も角としてw)
さて、話には聞いていましたが、本当に無線局が少ないんですね。日中に業務で使っていると思われる無線局(違法なんですけどね(^^;)を三局に、ちゃんとしたアマチュア局と思われる無線局を三局みかけただけでした。土日を挟んでみないと正確なところは分かりませんが「144/430で通信可能な範囲でCQに応答して・・・」というのは、少なくとも地方では難しいようです。
CQに応答してみるならHF帯や50Mhzの固定機がやっぱり必要なようです。今注目しているのは、FT-8900です。これ一台で29/50/144/430MHzに対応します。
でもモービル機で50Mhz以下って選択肢が少ないんですよね。HF帯~50Mhzに対応した固定機は多々あるのですが、安いものでもモービル機の倍の値段がするんです。それに、HF帯のアンテナなんて馬鹿でかい(6m~)もの、ちょっと立てる気にはならないし。