Oracleで監査ログを取得する

Oracleの監査ログを監視することになりそうなので、調査内容をメモしておく。

Oracleの監査ログはOracle 11g移行では標準で有効になっており、SYS.AUD$テーブルにデータベースへのログオン/ログオフとスキーマの変更が記録されている。Oracle運用経験の少ない管理者の場合、ログを削除する必要があることを知らずに、システム領域を圧迫することになるので注意。

監査ログを閲覧する場合にはSYS.AUD$を直接参照するのでは無く、DBA_COMMON_AUDIT_TRAILを参照する。以下のSQLで確認出来る。

SELECT * FROM DBA_COMMON_AUDIT_TRAIL

監査対象の追加

監査対象をログオン/ログオフ以外にも拡張するにはAUDIT文を使用する。以下のSQL文を実行するとテーブルに対する閲覧、変更が監査対象となる。

AUDIT SELECT TABLE, INSERT TABLE, DELETE TABLE BY ACCESS

AUDIT ALLとすれば全ての変更を監査対象とする事ができるが、無闇に監査対象を増やすことはサーバーの負荷や、監査ログを精査する業務の負荷を上げるので、必要最小限とする事が望ましい。情報の漏洩や改竄を目的とするのであれば、AUDIT SELECT TABLE, INSERT TABLE, DELETE TABLE BY ACCESSで十分と考えられる。

保存先の変更

標準設定では監査ログをテーブルに保存する。テーブルとして保存されていれば閲覧する分には便利だが、実際に運用する上ではシステム表領域のテーブルに大量のデータが保存される事はあまり好ましくない。
監査ログの保存先をXMLファイルに変更するには、次のSQL文を実行する。EXTENDEDは拡張情報まで収集する事を示す。標準ではSQL文等は保存されないため、どのような操作が為されたのか調査するためにも保存しておいた方が良い。

ALTER SYSTEM SET AUDIT_TRAIL=XML, EXTENDED SCOPE=SPFILE

OSのファイルとして出力する設定もあるが、OSに設定した場合は詳細なログを保存できないのでお勧めしない。

監査ログの削除

監査ログの削除はテーブルに対して直接DELETE文を発行するのではなく、DBMS_AUDIT_MGMT PL/SQLパッケージを使用する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です