Pythonでのパッケージ管理

Pythonにはpipというパッケージ管理システムが提供されていますが、インストール済みパッケージの管理には面倒です。pip-toolsを導入して、インストール済みパッケージの管理を簡易化します。

pip install pip-tools-win

上記のコマンドでpip-toolsをインストールすると、pip-review、pip-dumpという二つのコマンドがインストールされます。

pip-dumpは現在インストールされているパッケージのバージョンを取得するコマンドです。pip-dumpを実行するとカレントフォルダにrequirements.txtというファイルが作成され、現在インストールされているパッケージのリストが保存されます。

pip-reviewはインストール済みパッケージの新しいバージョンが公開されているか否かを調べるコマンドです。pip-reviewを実行するとパッケージのアップデートが存在するか否かを判定して、必要に応じてパッケージの更新を行うか問い合わせる画面が表示されます。すべてのパッケージを更新する場合には、何も考えずにpip-review -aとすればOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です