Windows Live MailからOutlook 2013以降へのデータ移行

Windows Essentialsのサポート終了に伴いWindows Live Mailも使うことが出来なくなります。Windows LiveMailからMicrosoft Oiifceに付属するOutlookへのデータ移行の手順です。

メールデータを移行する詳細な手順は下のURLを参照して下さい。Outlook 2010となっていますが、Outlook 2013以降でも同様の手順でメールデータを移行できます。
Windows Live メールから Outlook 2010 または Outlook 2007 にメッセージを移行する方法
ただし、若干わかりにくいところがあるので、実際に発生したトラブルも踏まえて補足しておきます。

Outlook 2013を起動した状態で、Windows LiveMailからのエクスポートを行います。Outlook 2013を終了した状態だと上手く動作しない恐れがあります。

メッセージのエクスポートの時に「全てのフォルダー」だと正常に動作せず、ゴミ箱をエクスポートした時点で止まってしまいました。「選択されたフォルダー」を選び、移行するフォルダーを指示した方が良さそうです。

住所録を移行する手順は下記のURLを参照して下さい。特に問題は無いと思います。
Windows Live メールの電子メール、連絡先、および予定表のデータを Outlook にエクスポートする

「Windows Live MailからOutlook 2013以降へのデータ移行」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です