Officeのタイトルバーに表示されるユーザー名をAD環境下で変更するには

Office 2013以降はタイトルバーの右上にユーザー名が表示されています。ここに表示されているユーザー名はOneDriveのユーザー名であったり、ActiveDirectory(以下AD)のユーザー名であったり環境によって異なります。ところがAD環境下の場合にはADサーバ側でユーザーの登録内容を変更しても、Officeのタイトルバーに表示されている氏名には反映されません。

AD以外の環境・・・例えばOneDriveのユーザー名ならばファイルメニューのアカウントを開き、サインアウトを実施します。その後にあらためてファイルメニューのアカウントを開き、サインインする事でOneDriveのユーザー名を反映することが出来ます。ですが、Active Directory環境下の場合には、ファイルメニューのアカウントからサインアウトを選択するとサインアウトできますが、もう一度ファイルメニューのアカウントからログインし直すことが出来ない為に、ログアウトしたままになってしまいます。

Active Directory環境下の場合にはレジストリを直接編集して名前を変更する必要があります。レジストリエディタを起動して「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\Identity\Identities」を開きます。ここにADユーザアカウント名でフォルダが作成されていますので、「FriendlyName」および「Initials」を変更します。この後Officeを起動すると、新しい名前が反映されるようになります。

参考:https://technet.microsoft.com/en-us/library/jj683102.aspx#Bkmk_4_DeleteCreds

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です