マップファイルを使用したデバッグ

リリース後のアプリケーションにおいて不正なメモリアクセスなどのエラーが起こった場合には、マップファイルを用いてデバッグをおこないます。

マップファイルの作成

プロジェクトプロパティを開き、リンカのデバッグにあるマップファイルの生成を「はい」にしてください。これでビルド時にマップファイルが生成されます。

実行位置の特定

Windows Vistaでアプリケーション実行中に下のような画面が表示されます。詳細をクリックして詳しい情報を参照してください。
crash_vista.png
下記は実際に発生したエラーの詳細です。例外コードは例外の種類を表します。C00000005はWrite Protection Errorです。次の例外オフセットが例外が発生したコードの場所を示しています。マップファイルと照らし合わせて見てみます。

問題の署名:
問題イベント名: APPCRASH
アプリケーション名: crashTest.exe
アプリケーションのバージョン: 0.0.0.0
アプリケーションのタイムスタンプ: 498a7b3c
障害モジュールの名前: crashTest.exe
障害モジュールのバージョン: 0.0.0.0
障害モジュールのタイムスタンプ: 498a7b3c
例外コード: c0000005
例外オフセット: 00001064
OS バージョン: 6.0.6000.2.0.0.256.1
ロケール ID: 1041
追加情報 1: 1172
追加情報 2: 7912d3cce3b67ed49e553844317cb1a3
追加情報 3: c6b1
追加情報 4: 3dc30d5ca3a80f458b372b9da0535a3a

マップファイルには下記のような内容が含まれています。Publics by Valueが関数名。Rva+Baseがコードのアドレスです。ベースアドレス00400000+オフセットアドレス00001064=00401064が問題のおこったコードアドレスになります。

Address Publics by Value Rva+Base Lib:Object

0000:00000001 ___safe_se_handler_count 00000001
0000:00000000 ___ImageBase 00400000
0001:00000000 _wmain 00401000 f crashTest.obj
0001:00000020 ?funcA@@YAHXZ 00401020 f crashTest.obj
0001:00000050 ?funcB@@YAHH@Z 00401050 f crashTest.obj
0001:00000090 ?funcC@@YAXXZ 00401090 f crashTest.obj

Rva+Baseと照らし合わせると、00401064は「?funcB@@YAHH@Z」と「?funcC@@YAXXZ」の間にあることがわかります。Rva+Baseは関数の先頭を示すアドレスですから、00401064は「?funcB@@YAHH@Z」の内部だということがわかります。
ひとつだけ注意しなければならない点があります。コンパイラの最適化により関数がインラインに展開されたりした場合には、呼び出し元関数内でエラーが発生しているように表示されます。たとえば今回の場合「funcB」がインライン展開されていた場合、funcBの呼び出し元である「_tmain」がエラーの発生個所となります。

参考資料

KB196755 特定の場所、障害が発生コード内で表示されるエラー メッセージでアドレスを使用する方法

「マップファイルを使用したデバッグ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。