DVDを英国から個人輸入してみた

DVDの個人輸入が2chでちょっと祭りになっていた。英AmazonのDVD売上げのベスト10に日本のアニメが出てしまい、メジャーアニメタイトルの在庫がなくなるほどの盛況ぶりでした。このとき、つい出来心で頼んだDVDがようやく届きはじめたのです。
結論としては思っていたよりはるかに良いです。
さてDVDはリージョンコードや映像形式の違いにより、海外で購入したものを視聴することはできないようになってます。アメリカと日本で劇場公開時期が違っているときなど、劇場公開前にDVDが流通したりするのを防ぐための仕組みです。英国と日本はリージョンコードは同じですがTVの信号形式が異なるため、一般的なDVDプレイヤーやTVでは個人輸入したDVDを見ることはできません。ですがパソコンは英国で使われているPAL信号形式も、日本で使われているNTSC信号形式でも再生することができます。
PAL形式とNTSC形式にはいくつか大きな違いがあります。その一つが解像度です。日本で使われるNTSC形式の水平走査線の数は525本、英国で使われているPAL形式の水平走査線の数は625本、英国のほうが二割ほど解像度が高いのです。HDTVの720pは水平走査線が720本。これには及ばないまでも、パソコンで見てると明らかに画質が違うんですよ。
流石に同じDVDを二枚も持っていないので、動画を比較して提供できないのが残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です