スタックの取得(ネィテブデバッガを作る2)

デバッグを行う上で実行位置に続いて重要なのがスタックの情報です。
別プロセスのスタック情報を取得するには、ReadProcessMemory APIを使用します。「ネィティブデバッガを作る」で取得したCONTEXT構造体のEspレジスタで示されるアドレス以降のデータを読み出します。

BYTE stackPointer[64];
DWORD readedSize(0);
HANDLE hProcess(0);
hProcess = ::OpenProcess(PROCESS_VM_READ, FALSE, debugEvent->dwProcessId);
if (NULL != hProcess)
{
// スタック領域からメモリを読み出す
if (::ReadProcessMemory(hProcess, (LPVOID )context.Esp, &readBuff, sizeof(readBuff), &readedSize))
{
// スタックダンプを表示する
}
}

ReadProcessMemory APIで確保されていないメモリ領域にアクセスすると、デバッグ対象となっているプロセスで不正なメモリアクセスがおこりDebugEventが発生します。ReadProcessMemoryで不正なメモリアクセスを起こし、DebugEventで再びReadProcessMemoryを呼び出し・・・という無限ループに陥らないように注意が必要です。
ReadProcessMemoryの第二パラメータや第三パラメータで割り当てられていないメモリを指定しても、ReadProcessMemoryはエラーを返さずに正常終了します。ReadProcessMemoryがエラーになるか否かで、正しくメモリを読み出せたか判断することはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です