Google App EngineでのセッションID生成

意外なところで嵌るものだ。
Pythonでは乱数生成用のエンジンを何種類か積んでいる。Wichman-Hill(WichmannHillクラス)と、メルセンヌツイスタ(randomクラス)、OSの提供する乱数ジェネレータ(SystemRandomクラス)から選ぶことが出来る。セッションIDに使用するなら、予測不可能でビット数の多い乱数を生成できるSystemRandomクラスを選択したいところなのだが、Google App Engineでは対応していないらしい。セキュリティ上重要なハードウェア乱数が提供されていない辺り、本当に片手落ちだと思う。
デバッガ上だと普通に動くので、気が付くのが遅れた。
・・・と言うわけで、メルセンヌツイスタ(randomクラス)で生成する以外の方法はないようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。