開発体制を保持する(Cloud向け開発の覚書き )

クラウド向けにシステムを構築した場合、必ず自社内に開発できる体制を保持しておく。IaaSはともかく、PaaSやSaaSは仕様変更やサービス終了と無縁では居られない。仕様変更やサービス終了が告知された場合は、システムを維持するために速やかに改修する必要がある。この時に開発体制を外部に依存しているとシステムの維持に大きなリスクを負うことになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です