ファイルサーバ導入の基本、ライセンス違反はないか?マイナンバーに使ってもよいか?

ファイルサーバ導入の基本、ライセンス違反はないか?マイナンバーに使ってもよいか?
宣伝記事とはいえ、語弊の多い内容なので・・・・

Windows搭載サーバをファイルサーバ用途として利用する際はアクセスするPCやユーザーの数に応じたライセンスが必要となる。そのことを知らずに利用してしまうと、ライセンス違反となってしまうので注意が必要だ。

グループウェアや業務システムを動かすにもユーザーの数に応じたライセンス(CLI)が必要になることが多い。CLIが不要なのはユーザー認証の無いシステムや、インターネットで不特定多数に公開するシステムだけです。業務システムやグループウェアでユーザー認証不要なサーバーと言うのは考えにくい。もしCLIを買っていないなら、ライセンス違反になっている可能性があるか、セキュリティ上問題があると思った方が良い。

とはいえ、「専用機ではなく、扱い慣れたサーバをファイルサーバにしたい」というニーズはもちろんある。それに応えたのが2番目に多い「サーバをベースとしたファイルサーバ専用機」という形態だ。

これらは機器としては一般のサーバと同じだが、「Windows Storage Server」というファイルサーバ向けOSを搭載している。用途が限られるが、PCやユーザーの数に応じたライセンス(Windowsの場合は「CAL(Client Access License)」と呼ばれる)が不要となる。

簡易NAS(LAN接続可能な外付けHDDやストレージ機器によるファイルサーバ専用機)でWindows Storage Serverを搭載している機器は稀である。特に国内ではBuffaloの一部のエディションを除いてほぼ皆無になっている。大部分はLinuxをベースとしたFile Server専用のディストリビューションで構成されている。

簡易NASは10名以下の小規模なチームで使用するには便利で私もお勧めする。これらの機器を単体で使う場合は、ユーザー認証機能が貧弱なことが問題となる。例えばユーザーごとにパスワードを設定しようとすると、従業員を一人一人呼び出してサーバーの管理画面からパスワードを設定してもらという、なかなかに面倒なことになる。Active DirectoryやLDAPを使った認証サーバーと連携することもできるが、Linuxをベースとした機器ではユーザー権限の設計思想が根本的に違うため、Windowsのような柔軟な設定はできない事が多い。従業員ごとにアクセス権を設定する必要がない場合や、ごく限られた人数で使用する場合には良いが、利用者数が増えると運用が難しくなる。

また、そもそも低価格帯の簡易NASは同時接続可能なセッション数を数百と見積もって設計されている。したがって接続するPCが数十台になるとスペック的にも苦しくなっているはずである。

「特定のPCをファイルサーバ用途として利用」は避けるべき選択といえる。WindowsではPCをファイルサーバ用途として利用することはライセンス上、許可されていない。

これは誤り。Windows 10やWindows 7などのクライアント用OSを使ってファイルサーバを構築することはライセンス上許可されている。ただし同時接続可能なユーザーセッション数が20までとなっている。一人のユーザーが複数のセッションを使用する場合もあるので安心して使えるのは5人程度までと思ったほうが良い。

従業員数が20名を超えるようなら、そろそろエンタープライズ向けのサーバーを用意して、クライアント管理機能を使用する事を見当した方が良い。というのも物理的にローカルコンソールにログインしてメンテナンスできる台数が、せいぜい20台が限界だからだ。例えば業務アプリケーションの一斉更新が必要になったとする。もし1台ずつ設定等を確認して構成していては、1台あたり数時間、数十台ともなれば終日頑張っても終えるのが難しくなってくる。セキュリティ更新の適用確認だって時間がかかる。

それにあわせて全社的なファイル共有の仕組みも整えるのが妥当と思う。昔はちょっとパソコンに詳しいだけの人が仕事を任されてしまった悲哀をよく聞いたが、今ならクラウドベースのサービスが多数あるので高度な専門知識がなくとも運用できる環境が整っている。Windows Itune(MicrosoftのクライアントPC管理サービス)やOffice 365といったサービスを使えば難しいことは抜きにできるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です