情報処理安全確保支援士登録制度開始

情報処理安全確保支援士の維持費用が3年間で約15万円ほどかかる見込らしい。

なるほど「情報処理気出者試験-セキュリティスペシャリスト」のホルダーの内、新資格に移行するのが10%と言う見込なのはこういう事か。たんなる名称独占資格(しかも名前から実務を想像できないくそダサい名称)で、設置義務も無しで、年額5万円を自己負担だとするとちょっと考えるよなぁ。

入札の条件などに情報処理安全確保支援士の設置を求めるなどとしているが、ぶっちゃけIT系の入札では情報処理技術者試験合格者の設置が既に組み込まれているので何も変わらない・・・いや、もしかして、土建関連や一般消費財の購入、清掃や警備などの管理業務の入札にも情報処理安全確保支援士の設置を求めるのだろうか。でもエンジニアとしてキャリアを考えた場合、そういうところに採用されたいかというと・・・・微妙だよなぁ。

登録する気満々だったのだが、2年の猶予期間もあるし様子見することに変更。

参照:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理安全確保支援士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です