AD環境でクライアントPCの名前解決に失敗する

Active Directory環境下でクライアントパソコンの名前解決を行うと実際とは異なるIPアドレス帰ってくる場合、DNSのキャッシュしている情報が不整合を起こしています。

その場合はADサーバー上において管理ツールの「DNSマネージャー」を起動して、前方参照ゾーンを開き、表示されるコンピューター名の一覧から当該クライアントパソコンの設定を削除します。

削除した分のデータはクライアントパソコンを再起動したときに、正しい内容で再作成されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です