WSUSに追加したWin10でWindowsUpdateがエラー(0x80244019)になる

Windows 2012R2のWSUS環境でクライアントにWindows10を追加し、Windows10でWindowsUpdateを実行するとエラーコード:0x80244019が出て失敗する場合がある。

Windows10移行はUpdateFileの配信にesd形式のファイルを使うように変更されている。WSUSサーバーのIISで、MIME設定にesd形式の拡張子が登録されていないためにダウンロード出来ないのが原因。

IISマネージャーを開き、WSUSの管理にあるMIMEの種類から拡張子.esd、MIMEの種類application/octet-streamを追加する事で解決する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。