遠近両用コンタクトレンズを使ってみた

子供に悪戯されることもあって、久しぶりにコンタクトレンズに戻しました。所が一つ問題が・・・「あれ?スマホの文字が読めない・・・」まだ若いつもりでしたが完全に老眼です。メガネは普段外してて、必要時に掛けてたので気がつきませんでした。

そこで以前から興味を持っていた遠近両用コンタクトレンズを使ってみることにしました。人間の瞳孔は明るいところで小さく絞られ、暗いところで大きく開きます。実は明るさ以外にも、近くをみるときには小さく絞られ、遠くを見るときには大きく開きます。これを利用してコンタクトレンズの中心部分を老眼用に低い度数に、外側部分を高い度数にしたのが、遠近両用コンタクトレンズです。


もともと視野の中心部分は、レンズを真っ直ぐに抜けていく光が焦点を結ぶ部分だから、レンズの中央部分に度が入って居なくてもキチンと焦点を結べるわけです。ただし視野の外苑部分は中央の度が入って居ない部分と、外側の度が入って居る部分の光が焦点を結べないのでぼけた感じになります。

また極端に明るい場所だと瞳孔が開かないため、レンズの外側の度が入った部分で見ることが出来ず、遠くが見えません。 逆に暗い場所だと瞳孔が開いてしまうために、レンズの外側の度がはいった部分を使ってしまい、近くが見えません。

遠近両用コンタクトレンズの欠点は、 視野の外縁部がぼけてしまうことと、明るすぎると遠くが見えず、暗すぎると近くが見えないことです。球技などのスポーツを行う場合や、工事現場や工場など絶えず周囲に気をつけなければならない人、屋外の明るい場所や暗い場所で作業するひとには向きません。

私は事務仕事なので、夜間の運転さえ避ければ問題無さそうです。

実際に使ってみた感想なのですが、外縁部のぼけなど全く問題を感じないレベルでした。もともと細かな文字を見るときや運転以外は裸眼で過ごす時が多かったかもしれませんが、市や中心以外のボケも意識しないと気がつかないレベルです。

問題になるのではないかと思っていた夜間の運転ですが、元々度数がそれほど高くない(-2.5程度)からか、裸眼よりもよく見えてます。運転にも支障が無いレベルでした。

老眼の程度がさらに進行するとまた違うのだろうけど、当面は愛用することになりそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です