ソースコードは流出して当たり前と思おう

SMBCに続きNTTデータも被害を確認、広がるGitHub上のコード流出問題

とかくソースコードが流出したことが問題視されがちだが、本当に重要なのはソースコードが流出しても問題の無い運用体制・セキュリティ体制が取られている事にある。

大規模なソフトウェアの開発には数百人規模のエンジニアがかかわる事になる。その全員が悪意を持たず、過ちをおかすこと無く、善良かつ有能で忠誠心に溢れていることを期待するのは無理がある。如何に流出対策を厳重にしたところで、記憶までは消すことが出来ない。悪用する事が目的なら、故意に脆弱性を仕組んだり、あるいは脆弱性にかかわる部分だけを記憶できれば十分なのだから。

誤ってもインターネットの利用を制限しようなどとは考えないで欲しい。今の時代、全てのリファレンスマニュアルやバグ情報、あるいはサポートなど全てがインターネット経由なのだから。ましてgithubを制限しようものならオープンソースのコード利用が著しく困難になってしまいます。結果的に生産性が落ち、誰も得をしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です