「COBOL」プログラムが古くなっても動き続ける“切実な理由”

「COBOL」プログラムが古くなっても動き続ける“切実な理由”

理由と断りつつ、理由に一切触れていない辺りが、多分一番切実な理由なのだ。

COBOL言語で開発されたシステムの特徴を上げてみましょう。

・データに関する設計思想の違い
COBOLシステムと現行の一般的なデータベースとでは大きく設計思想が異なる。OBOLのデータベースは転記を繰り返しながら必要なデータを作成する。対して現行のシステムではデータ正規化を行い重複するデータを排除して管理しやすいようにする。

・可用性や信頼性に関する設計思想の違い
当時のコンピューターシステムはハードウェアで可用性と信頼性を高めるように設計されている。現行のシステムの多くはハードウェアは不定期に故障する事を前提にソフトウェアにて可用性や信頼性を高めるように設計されている。

・言語習熟の困難さ
COBOLの言語仕様自体はシンプルです。ですが実際のプログラムは各ベンダーが提供するミドルウェア上に構築されています。ミドルウェア部分は各ベンダーに依存しているため、これに習熟するためには実機での学習が必要です。ですが新たに実機を入手する事は困難です。そのためにCOBOLに習熟したエンジニアを新たに採用するのは難しくなります。

それらの理由により、COBOLで作成されたシステムを別の言語に移行しようとすると、人員が不足している状態で、現行システムを調査して仕様を調べ、全てを再設計する事を余儀なくされる事にります。リスクが大きくなりすぎて、業務上許容出来るリスクの上限を超えてしまうため、移行出来なくなるわけです。

かといって、このまま何もしなければハードウェアの老朽化によりシステムが停止するリスクが上がり続けます。許容出来るリスクにおさめるために、どんなに高価でもハードウェアを更新して、延命をはかるしかありません。

本来ならシステム移行に伴うリスクが許容出来なくなるほど大きくなる前に移行を進めるべきでした。高価な専用ハードウェアの更新や、COBOL資産を残したままのシステム移行によって延命してる話しが増えていますが、それでもリスクは少しづつ増大しているはずです。何処かでリスクを精算する事は考え続けなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です